きのこを自作乾物として積み重ね。黴菌活しています。

引き続き、きのこ部類を意識して召し上がるようにしています。
干ししいたけは煮物にするとしばしば風味が染みますし、エリンギはバターソテー、鍋物に欠かせないぶ無しめじ、ジューシーな口当たりのマイタケ……どのきのこも一人ひとり長所があって美味しいし、健康にも良いと言われているしで、ほぼ一年中食べてある。

そういうきのこたちですが、一部類のみではなく、各種部類を取り混ぜてミックスして食べたい。
ただし、何種類ものきのこをいっぺんに買ってくるといった、本数が多すぎてつぎ込み切れなかったり決める。

そこで、天日干しして自家製干しきのこにし、格納するようにしました。
洗濯小物と共に外部に出して、洗濯小物と共に呼び込むだけです。
半日乾かすだけだと準乾燥といった感じですが、三お日様も干せば決して完全に乾きます。
最初に乾かす時折、正しく干せるのかな、失敗しないかなと案じていましたが、だいぶマシでした。
ただ外部に乾かすだけで、裏返したりもしませんが、正しく乾きます。

今日、アルティメットの大売り出しの際に購入したきのこを干しておいて、ストックしてある。
デイリー三部類はストックしているので、扱う際には少数ずつ瓶から出し、混合きのことして使っています。
温野菜によし、ホワイト原点と合わせてグラタンに良し。
取り扱う際も、逐一包丁やまな板を流す無用ので、ラクラク気軽に使えるのが愛する。http://www.livewiredfilms.com/

きのこを自作乾物として積み重ね。黴菌活しています。